• Just another WordPress site

秀吉の気配り、書状見つかる…
直江兼続が「人たらし」ぶり生々しく、読売新聞。

本当に男爵ならば、人蕩し術 (ひとたらしじゅつ)は読めない。
家庭環境に関心を持つ、元男爵。

でしょうか、古物商と呼ばれている。(配慮)
自然に覚えない、書庫が生まれる。

いろんな本を読むから、書庫がいらない。

男爵の真似はできないけれど、
男爵が読んだ本には関心が持てる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です